◆平成26年1月の作品

HOME>平成26年1月の作品
●1月の社中作品です。

小野艶子さんの作品
 小野艶子さんです。

雨の日も 風の日も 車イスで通って下さいます。
九十歳の素敵なレディ,人生の先輩でもあります。
            講師 記す

●1月の講師作品です。 
古代文字 馬
古代文字の「馬」を書きました。
はがき はがき
古代文字の「冬」をあわく書いて,ウオーキングのお誘いです。
椿の花を淡く書きそえて寒さのお見舞いです。

たのしい字手紙
はがき はがき
淡く「梢の空」と書き,お届けする言葉を入れます。
「梢の空」とは,木々の葉がすべて落ちた木立の間からみえる空のことです。


●睦月の季節のことば
季節のことば1 季節のことば1
「むつき」の季節のことば

かわいいサクランボみたいな古代文字の「冬」を字手紙にしました。

春夏秋冬,何気なくこの順番を使っていたけれど 冬は,季節の終結することを意味するとある。
「春来たりなば冬遠からじ,冬来たりなば春遠からじ」
冬の寒さはその先に黄色やピンクの光や空気をイメージしたり,感じることができる。
「冬来たりなば春遠からじ」という言葉はなにか,心をホワッとさせてくれる。

幸(さきは)いを願って交わした年賀状のエネルギーを味方にして,一年のはじまり,はじまり。

HOMEへ戻る