◆平成25年8月の作品

HOME>平成25年8月の作品
●8月の社中作品です。

社中作品
社中作品釈文

●8月の講師作品です。 
はがき
暑さのお見舞いに
「めぐみの一雨がうれしい 夏の日
お身お大切に。」
ハガキでお出ししましょう。
料紙
夏の夜は まだ宵ながら明けぬるを
雲のいづこに月宿るらむ
             清原深養父(きよはらのふかやぶ)

●葉月の季節のことば
季節のことば1 季節のことば1
葉月の季節のことば

雨戸を開ける。パッと強い光。
ラジオから きょうも気温がグングン上がり猛暑となりそうですと流れる。

清少納言は「冬はいみじう寒き,夏は世に知らず暑き」と言う。

四季のある国ということは,寒いし暑いし雨が降り,風が吹く,台風が来る。

だから季節の花が咲き,趣きがあるのね。

夏という字の「夂」は「すいにょう」という。
人が仮面を被って舞っている様とある。
ならば 暑いからこそのたのしいこと,
うれしいことを捜して過ごさないとね。

HOMEへ戻る