◆平成25年5月の作品

HOME>平成25年5月の作品
●5月の講師作品です。 
料紙 短冊
衣ぬけば 五月の松のこずえより
日あおくなかれ 肌に にほえる
                 若山牧水
封筒と一筆箋
短冊
鈴蘭の一輪づつに風わたり
      永 六輔の句

●皐月の季節のことば
季節のことば1 季節のことば1
皐月の季節のことば

「風薫る初夏」 この季節よく耳に,目にします。
その季節ごとになにげなく使っている言葉にも出典や謂(い)われがある。

「古文真宝前集」(こぶんしんぽうぜんしゅう)の中にある 柳公権(りゅうこうけん)の漢詩

「薫風南より来り殿閣微涼(でんかくびりょう)を生ず」が出典であるという。

寒さの中 小さい色 小さいささやかな香りから始まった春。
一年の中で一番の華やかな桜で一つ心の締となり 風が動いて笑う山をやさしく撫でる。

時の移ろいは「襲ねの色目」も変わる心地よいころ

HOMEへ戻る