◆平成23年3月の作品

HOME>平成23年3月の作品
●今月の社中の作品はお休みいたします。


●3月の講師作品 
今月は,春を謳歌する作品にしてみました。
はがき
雪国の春は遅く,母にもう出しちゃったのと,言われながら 早々に飾った,「おひなさま」。
3月3日に吹雪になったりした,小さいころの ひなまつりを,思い出しながら。
箱
春の海 蕪村
春の海 ひねもす のたりのたりかな
                  蕪村
花
「花」を一文字で。
あなたは,どんな花をイメージしてお書きになりますか。
私は,桜の,少し散りはじめをイメージしてみました。

●季節のことば
季節のことば2 季節のことば1
やよいの季節のことば

やよひ なんと耳に心地よく,やさしい響!!
なんか桃色の風が ゆっくり吹き抜けてゆく中に,淡く染まりながら 立っているように。
「清水へ祇園をよぎる桜月夜
 こよひ逢う人 みな うつくしき」  晶子歌

桜月夜は晶子の造語であると ものの本に載っている。
さてその読み方,ある書作品で,「はなつきよ」とひらがなで書いてあるのを目にしたことがあり,気になりつつ 好きな歌だと思いつつ 不安を感じていた。

詩人でエッセイスト 高橋順子さんの文中に「桜月夜」(さくらつきよ)とルビがあるのを見つけ
そうですよね そうですよねと得心した。

桜がますます好きになりそう。

一年で一度 とち狂う 私の桜月夜

HOMEへ戻る