◆平成22年9月の作品

HOME>平成22年9月の作品
●9月の社中作品は,岩満やす子さんです。
山中和さんの作品
  この詩を読んでおりますと何かそよそよ秋の風景
 私の心もやさしくなります。


釈文 とりどりに色あわれなる秋草の花をゆすりて,
    風ふきわたる。
               伊藤左千夫歌

●9月の講師作品 
會津八一の歌
ほほえみて,うつつごころにありたたす。
くだら ぼとけにしくものぞなき。
          會津八一の歌

平城遷都1300年によせて取り上げてみました。
はがき
虫しぐれ
お月見
高いそら
さわやかな季節のはじまりです。

「鬼灯」(ほおずき)も描き添えて

●季節のことば
季節のことば2 季節のことば1
暑い八月の夕方 涼みに出ると,コウモリの飛ぶ姿を目にした。
あれ そういえば いつの間にか燕の姿がないなと気づき,行合の空を見上げる。

さしもの暑さも 角が取れ,次の季節へとゆっくり巡ってゆく様は趣がある。
世は遷都1300年。
座ったままでも目に耳に入る情報のなんと多いことか。

さわやかなこの季節,心は奈良へと馳せ,百済観音様とは
文字を使って触れてみる。

HOMEへ戻る